Calender

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.09.13 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

つぶやき

揺れる

2012.12.15

 ここ2〜3日 頭の芯がじーんとしてクラクラする感じ。
 昨日は グワーンと大きく揺れてちょっとびっくり。

 で、頭ん中 まっしろー。
  それに加え、パソコンが使えなくなり
 遅くなりました。

 こんな日は、リラックスして好きな曲でも聴きます。

 良かったら、ご一緒にどうぞ。
 

 http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=2CPFdUp92Gc      
           
           
          アロマ
         ashely では、皆様と共にリラックスできる
             場づくりに 努めています。


                 I'm here for you.
                     Just tell me if I can do anything for you.            
              
                                  ashley.


       
     
  • 2012.12.15 Saturday
  • 11:30

つぶやき

伝えること

 2012 . 12. 14                

山の中、クリスマスツリーにもってこいの形の 木をみつけて、
しばし 車をとめる。

この tree 、小さく見えるけれど実際は3メートルくらいはある。
           一本ツリー
three boys の小さい頃は、ツリーのオーナメントを家族それぞれの
birthday月に 一個づつ作っておいて、(それでも何回もわすれたけど・・)
12月飾る。 

毎年4個づつ増えていく。

自分の日には というと、そんなこと・・
忙しくてやってられないのです、だから 4個。

ツリーの飾りつけも、大きくなるにつれ
一人減り、二人減り・・、興味が他へ。成長したってことね、男の子だし。
でも、ちょっとつまんない!

して、
おっさんになった今、今年はまだ飾らないの?
と言ったりする。


今年 eldest son の奥さん  から、
" 小さなクリスマスツリーを やっと買ってもらいました! " と聞き
思わず微笑んでしまう。

ひとつひとつ二人で、作り上げているんだね。


そろそろ・・・、
ツリーを渡す時期がきてるのかな? 
      ツリー    
   
                 The time flies.
             But we move step by step as we climb up the stairs.       

                                                                  ashley.



                                                                      
  • 2012.12.14 Friday
  • 08:55

つぶやき

forest

2012 .12 . 13

光るもの、輝いているものが好きという話
昨日の続きになりますが・・・。

実は動物たちはそうでもないんですね。

ペットボトルに水を入れて、太陽の光をあてて
猫よけにする、というのがあったり、(惣一郎さんは平気でしたけど。)

馬でいうと、水たまりが大嫌いな子がいたり,外乗している時
側溝のふたの金属を怖がって、急に足踏み状態になったり。

神様の乗り物なので、とても sensitive なのです。

さてその光を求めて、glass forest に行きました。
ドラマ ”北の国から” の ロケ地、麓郷にあります。
   
    http://www.furano-glass.jp/
 

   ふらのガラス
中では、イケメンのお兄さんがサンタ帽をかぶって一生懸命
商品説明をしてくれます。

甘い香りのベリーティをご馳走になりました。 
おいしーい!
時節柄クリスマス商品もたくさんあり、本当に店内はきらきらだらけです。

お気に入りは、音の鳴る 3分砂時計
砂の色も幾つかあって、ホント楽しくてきれいで、見ていて全然飽きない。

そのあと
せっかくなので、麓郷の森へも。
      麓郷の森看板
でも、私にとっては 林・・、という感じ。
          麓郷
  人っ子ひとりいない、静まり返った林の中で、
  うーん、 シカに会いたいー! と願いましたが、残念・・
          麓郷
   久々に 暖かな太陽に会えた日 でした。

 
      My favorite place is the forest.
           I like it because I can relax there 
                              and feel the seasons.   How about you ?                

                          ashley .




 

   
  • 2012.12.13 Thursday
  • 08:42

つぶやき

輝き

 2012. 12 .12

Wow !  気がつけば今日は、いち に、いち に、の日。
だからというわけではないけれど、用事のついでに 街なかを
歩く。

行きかう人が声を気さくにかけてくれる、目があうと挨拶するからか?
旭川ではこうもいかないだろうけど・・・。

コミュニケーションの第一歩。
気持ちいいです、挨拶って。


好きなものの中に結晶がある。
小学生のころに、あらゆる物を顕微鏡でみる!というマイブーム。
きれいだったし、おもしろいし、時間を忘れて見ていた。

北海道に来てまもなく、雪の結晶美術館へ。

 
   結晶図
こんなに種類があったことを知る。

 
そして、これから始まる雪の生活、たくさんの種類の雪を見るぞ!と
思った年だった。
    結晶ドーム
けど、嬉しいけどきれいだけど、それどころでは なくなるのである。

      
                     It's challenging, but worth doing.        
            
                                                     ashley .



       雪美術館
  • 2012.12.12 Wednesday
  • 13:49

つぶやき

思うままに

 2012. 12. 11

少し宗教っぽい歌詞ですが、とても DIANA らしい。
今日はこれです、

これだけ。

http://www.youtube.com/watch?v=bLn_ZZEoWYI&feature=player_embedded


                              If we hold on together

足元  を確かめながら一日一日生きていく
過ぎていく毎日の中でくじけそうになっても
どうか自分を見失わないで

あなたが過ごしてきた人生を
投げ出すようなことはしないで

信じて生きていれば夢はきっと叶うわ
素敵な未来の訪れが待ってるはずよ

信念と 希望 をいだき
あなたが思うままに生きて
あなたの信じるものをどうか見失わないで

私たちが力を合わせれば
夢を諦めるようなことは決してないわ
夢が私たちを永遠に励まし続けてくれるのよ

雲が流れていくのを見届けるように
あなたと私のために

風に宿る魂は
時として曲がらなければならないと学ぶわ

でも目指すべき星にたどり着くまで
決して諦めることはしないのよ

人生には山もあれば谷もある
そこには涙を洗い流す泉もある

言葉にすると軽くなるけど
誰かが祈りを捧げているはずよ
わが魂にどうぞ安らぎを・・・と

たとえ暗闇に閉ざされたとしても
私たちは太陽を思うことが出来るわ

暗闇の中からでも光は感じれるのよ
心で感じる暖かさはみんなに与えられているわ
私たちが心をひとつに結べば
夢が消えるようなことは決してないわ
夢が私たちを永遠に励ましてくれるのよ

果てしない雲の広がりが
空高く飛び立つ魂を迎えてくれるまで

あなたと私のために


             
                                It is all .     

                          with gratitude,            Ashley.

 

      花


 
  • 2012.12.11 Tuesday
  • 09:43

つぶやき

馬車

 2012 . 12. 10

        ばんば砂浴び
 先日お休みに、 ばんば(ばんえい競馬)の馬を繁殖している牧場に行った。
 
 中世の映画などでよく、何頭立てかで馬車を引っ張っている馬。
 サラブレッドよりも 倍くらい大きい 足の太ーい馬。 あの子です。

私のプロフィールで乗っているあの子と同じ種で、ペルシュロンといい、
原種はフランス。

写真ではわからないけれど、体重1トンで体高2メートルくらい、とにかく
何もかもが でっかい!

1頭が寄ってきてくれて、たまりかねて でも許可を得て柵越え。
ずっと、話しかけていたら ゴローンと砂浴び態勢。

1トンが寝転ぶ時は、地揺れ します。
噛まれたら顔の半分なくなる?感じですが、お決まりの hugs and kisses.
有難うございます、頂きました。
 
勿論本人の了承済み。  
 

      信じて行動していれば、流れるように道ができて、自然に
      望むところをへ導かれる、笑っていよう。


  I go out to hug trees and tell them that I love them.
      When I do this, I can feel that the nature is on my side.      

                                                                      ashley.

                       






  
  • 2012.12.10 Monday
  • 17:30

日々想うこと

an internal rhythm

 2012. 12. 9

 ツリーハウス美瑛にある Tree house。

誰が 何のために作ったかわからないらしい。
使っている様子もない。

下から見るに6畳くらいの広さがある。
一時はここを借りて、仕事をと考えたことが
ある。

でも、ここまで入って行くのがなかなか
大変でStop。



別件で、PIZZA窯あり、ちょっとしたイベントもできるガーデン作りで、
見通しのきく国道沿いでと、何もかもが揃っている土地があった。

うわものは、本州の会社の持ち物で何年も
放置されている状態、地主さんは、すぐ横に住んでいる。
どちらも良識ある方で、いつも人に恵まれることに感謝している。

早速双方にお会いして交渉し始めた。
当時の私の払える範囲の家賃交渉のために、足しげく通い、本州の社長とも会い
うわものの値段交渉。一緒に事業をするという提案についても考えた。

メールのやりとりや、電話交渉。当面の予算を組む。
これら自分がやりたいことに進むためには、どうしても
やらなければならなかった。 しかも、ひとりで。

あの時自分でできる最大のPowerで動いていた。

それ以上にやりたいことに近づくワクワク感の方が大きく、
それが、Powerになったからだと思う。

折れそうになるときは、何のために北海道にきたのか、
来た時の気持ちに、もどるようにしている。

そして、成立。家賃もうわものも希望どおり。そして、一人での事業という選択。
勿論、色んな方の力は借りるのだけれど、

今まで、色んな仕事を経験してきて、その度に結果として学ぶことは、
こうしたら、もっと良くなるのに・・。 もっと効率がいいのに・・。
もっと感じ良くなるのに・・、

だから、やっぱり自分でやるしかないんだ
というところにたどり着く。
それは、今現在も変わっていない。

そして、話しの続き、
それぞれから Go! サインをもらい 大工さんに連絡。

・・・・その大工さん、右手骨折して仕事 キャンセルゥ!

ヒェー!!  
その時、電気が走った。悔しいとか、残念とか、そんなネガティブな感情が
いっさい湧いてこなかった。

「ここじゃなかった、今じゃない、」そんな気持ちでいっぱいだった。

きっと、本当に自分でやる時期が来た日の 予行をあの時にやったんだと思う。
色んな自分を知り、貴重な経験をした。こうやって試されるんだー。(;O;)

必ず、それを生かせる時がくると いつも自分を信じている。

   
  その人独自に刻む時計を、それぞれがもっている。
  だから、同じ歩調 進むことも必要ない。

  時間がかかって、やりたいと思うことが、
  やれないことなど ない。

  自分を信じて、無心に行動する、ただそれだけ。

   
  ashley
                                                                                                       
 
                       I believe in myself and trust waht I do.      

                                                                           ashley.
               カチカチ・・ 



 
  • 2012.12.09 Sunday
  • 12:07

つぶやき

工場爆発

 2012. 12. 8

先日、私にとってはこれぞ ほっきゃいどー(北海道)! というお天気に
 
なった時のこと。

どんな お天気かっていうと、あたり一面雪けむりで何も見えない。
道路の中央線も見えず、ドライアイスの工場が爆発した感じ。

道路もアイスバーンでツルツル、スケート状態でスリル万点!

信号待ちをしていたら、そこへカラスが降りたって横断歩道を渡り始めた。
よいしょ、よいしょ。
バランスをとりながら、ツル、鶴 ← いや、あなたはカラスでしょ

そして、とうとう滑った! いやー、ずっこけたカラスというか鳥を、
初めて拝見しました。

もう、面白くて可愛くて笑っていると、反対車線の車のおじさんも
笑っていた。 
”飛べば いいっしょ(北海道弁)” という声が聴こえてきそうだった。

北海道の冬、人間も動物たちも大変なんです。
それにしても、彼はどこへ行きたかったんだ・・・?
    ゆきけむり 

              
              
                                                  a lot of love,   

                               イテッ、                         ashley.








 
  • 2012.12.08 Saturday
  • 12:23

日々想うこと

北の魔女?

 2012 . 12. 7

 数年前に公開された ”西の魔女が死んだ” という映画

 中学生の女の子が登校拒否になり、修行と称して
しばらく おばあちゃんちで暮らすことになる・・・そんなstory.

イギリスのおばあちゃん役は、
「アウト・オン・ア・リム」の著者、女優シャーリー・マクレーンのdaughter、
 サチ・パーカー。
 シャーリーはとても親日家で、さちも日本名から名付けた。

その映画の中で繰り広げられる毎日の生活ぶりや、家の雰囲気、自然も
当時 私の望む暮らしに近い内容だった。

間もなく、その映画の撮影現場が公開され清里高原へドライブした記憶がある。
      
     映画キッチン
 中には入れなかったけど、こんな雰囲気。↓
     映画   
     映画
 
  
見えないものが見えたり、不思議なことを言ったり・・
 
  そんなことではなく、特別なことでもなく
  ほんとうのスピリチュアルな生き方は、


  森羅万象。
     自然を感じ、喜び、その恵みに感謝し 共に生きる。

  ちがいがあって当たり前、周りの人を尊重し、ものを大切にし、
  毎日の生活を丁寧に 生きること、
    自分らしく生きていく・・・
     
         そんな ごくごく普通のこと だと思っている。

(でもその、ごく普通のことができなくて、苦しむ。・・
 聖人じゃないんだから、この世を去るまで くろすけを出し
 続ける!)


  
 むずかしいけど、
魂が望むとおりに生きるから、
 シャーリーのように いつまでも生き生きと、 
 若々しい人生を送れる。
 

 映画の中で、女の子がおばあちゃんに 問いかけると
 いつも返す言葉が 『Iknow .』   
 
 わかってますよ・・、と包み込むように優しく わかりやすく答える。
 おばあちゃんが亡くなっても それは続く。

 美瑛に越してしばらくして、ようやく部屋の中が片付いたころ、
 パソコンでこの写真をたまたま見て、気づいた。

 今、あの頃望んだ生活をしているよォ
 山のなか、鳥が鳴く。畑のトマトも、ラベンダーも、動物も・・。
 
 
 部屋の感じがも似ていた。

 それまで、一生懸命だったから全然気付かなかった。
 その時、こぼれおちそうな数の夜空の星を見上げて ”有難うございます” と
 素直に すべてへの感謝の言葉がこみあげてきたのを覚えている。
 
 宇宙(そら)は、いつも否定せず すべてを受け入れてくれる。
 だから、あのとき 
 耳を澄ましていたら聞こえたかもしれない。
 
    『Iknow.』 ・・・。
    
 そして、北の魔女 カフェ修行は雪解けまで つづく。  
 
                                         Love and gratitude, ・・・

                          ashley. 
            
                     
















                                          
  • 2012.12.07 Friday
  • 10:36

日々想うこと

無心

 2012. 12. 4

       新プリガーデン
    早朝の富良野新プリンス イングリッシュガーデン。

    朝もやが かかって8月の末だったけどひんやり涼しくて。
   そんな朝は、ひときわ木々や花の匂いが香ってきて、早起きして得した気分。

   静寂の中で、普段見えなかったものや、聴こえなかったものに気づくことがある。

 美瑛でのこと・・。

 どこかで、水の流れる音?
 秋からずっと気になっていた場所。

 玄関で 野ネズミくんと 何度か鉢合わせになって、その度に ぎゃー!
 叫びつつも、こんなに出会うのはなぜ

 そして、3度目に彼を追った。(ちょっとわくわく、ちょっとこわごわ)
 そうしたら、やっぱり気になっている場所で見失う・・・。
 そして、冬になり あたり一面雪が降り積もる。

 
 早朝の静寂、太陽の光が雪を照らす。
 見渡す限り雪、雪。

 ん? あそこ少しくぼんでる・・。
 
 膝上まである雪の中、スコップをもってかき分けながら進んでいく。

 くぼんでるということは、そこに穴か、低い場所があって、空気が流れるような
 空間があるんじゃない? と思うと同時にスコップを持って歩き出していた。

 
 雑草のしたの穴から湧水がでているのをみーーっけ!

 春になり、掘り起こした石で水路を作る。
 完成がどんなふうになるのかが、分かるから楽しくて時間を
 忘れていた。無心の状態。

   
湧水水路  



 瞑想が苦手な私は、
あまりやったことがない。
そのかわり、こういう事が私にとっての
瞑想だと思っている。


  何も考えず、ただそこにいて目の前のことに
  無心で取り組む。

  結果など考えない (この時は・・。) 
  今やれる事、やりたい事に取り組む。

  ただ、それだけ・・。

  ・・・でも、ちょっと曲がってるー?

         こうして、

       私たちは、周りの人や物、情況から気づきをえて少しずつ
         光の方向へ歩んでゆく。 備わった知恵と共に。 


  
                    We don't have to be afraid of anything. 
              
 
 


                   以来、彼と会っていない ...        ashley.                     
 
                  

    
 
                                                       


 


 

  • 2012.12.04 Tuesday
  • 20:09